top of page

境内案内

ゴロ

浄土宗の宗紋は「月影杏葉つきかげぎょよう」と呼ばれる紋である。

この杏葉は法然上人の生家の漆間家の紋に由来し、大正4年(1915)に、蕊しべは、7個とし、宗歌「月かげ」の月を配した現在の紋が定められました。

心からお念仏をとなえ、悩みや苦しみのない(だから極楽なのです!)浄らかな仏さまの国へ救い導いていただきましょう

bottom of page